Home / NBA / ニュース / 凄腕ゴルファーのステフィンカリーが2019年の秋にPGAツアーイベントを主催か
05181802

凄腕ゴルファーのステフィンカリーが2019年の秋にPGAツアーイベントを主催か

2018年05月18日
【スポンサーリンク】

世界最高峰のバスケットボールプレイヤーでありながらゴルフでも相当な実力者であるステフィンカリーが、来年の秋にPGAツアーイベントを主催する方向で話が進んでいるとESPNのダレンロベル氏が伝えた。

カリーの代理人達は2019年の秋に行われるであろうそのイベントを通してのマーケティング、スポンサーシップ締結をする話をPGAツアーに対し進めているそうだ。

マネージングディレクターとしてカリー一家とこれまで25年の仕事付き合いがあるフランクゼッカ氏によると、まだ確定事項ではないものの話は水面下で進んでいるとの事。ゼッカ氏は如何にカリーの人生においてゴルフが重要なものであるかを語った。

「家族とバスケットボール、慈善、投資、技術、そしてゴルフは彼のリストの中で高い位置にある。料理、地域、ベイエリアも優先的なものだ。」

PGAツアー公式もカリーチームとこの話が持ち上がっている事実を認めている、こちらはカリーの貢献に期待を膨らませているPGAツアーのスポークスマンであるローラニール氏のコメントだ。

「ステフィンカリーはこの素晴らしいゲームに対する彼の情熱と団体への支援を通して、若く、新しい、様々な観客をPGAツアーにもたらしてくれるでしょう。私たちはこれから彼のような素晴らしいアスリートとパートナーとなれる可能性に興奮しています。」

 

このイベントの詳細はまだ不明ではあるが、その時期に国内で行われるツアーは3つのみ、そしてその内の一つがウォリアーズホームのオークランドがあるカリフォルニアのナパで行われるセーフウェイオープンであるため、恐らくイベントはそれになるだろうと見られている。

ちなみにカリーは元NBAプレイヤーである父、デル・カリーも「バスケではなくゴルフに真剣に取り組んでいたらプロになれていた。」と絶賛する程の才能を持ち、昨年8月にはPGA下部に属するウェブドットコム・ツアーの「エリー・メイクラシック」に主催者の推薦により参戦、プロゴルフデビューを果たしていたが、残念ながら今回企画されているトーナメントではプレイヤーとして参加する予定はないそうだ。

こちらは2015年に米ゴルフダイジェスト誌の表紙を飾ったカリー、この甘いマスクを持ちながらバスケが世界最高レベル、かつゴルフも一流。当然相当な努力があってこそではあるが、天は二物どころか三物も与えてしまったと言いたくなってしまうのも無理はない。

【スポンサーリンク】

 

今回はイベントを主催するという形だが、ゴルフは選手生命が長いだけに、カリーがバスケを引退した後に本気でゴルフに打ち込んでもなんら不思議はない。むしろ長くスポーツにプレイヤーとして携わってもらえるならファンとしても嬉しい事この上なしだろう。世界でも指折りの人気を誇るアスリートとして、更なる活躍&貢献に大いに期待したい所だ。

 

ウェブドットコム・ツアー ラウンド1ハイライト

ウェブドットコム・ツアー ラウンド2ハイライト

参考記事 : ESPN


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

08161801

アンソニー・デイビス&ケビン・デュラントへと進化を目論むドワイト・ハワード

このオフにワシントン・ウィザー …