Home / NBA / ニュース / 2016リオ五輪のアメリカ代表チーム候補選手30名が発表、ドリームチームに相応しいメンバーが勢揃い
01191603

2016リオ五輪のアメリカ代表チーム候補選手30名が発表、ドリームチームに相応しいメンバーが勢揃い

2016年01月19日
【スポンサーリンク】

今年開催されますリオオリンピック、そのアメリカ代表候補メンバー30名が本日発表されました。

 

こちらはUSA Basketballのツイッターアカウントに投稿された画像です、詳細はコチラをご覧下さい。

 

2012年の前回大会のメンバー12人から外れたのはデロンウィリアムス、タイソンチャンドラー、そして今季限りでNBA引退を表明しているコービーブライアント。コービーの落選はファンにとっては残念かもしれませんが、コービー自身が今週参加の意志を示していなかったので、後はNBA最後のシーズンにとことん集中して頂きたい所ですね。

そして2010年のFIBA世界選手権のスターターであり、膝の怪我からの復帰明けとなった2014年の同じくFIBA世界選手権のメンバーであったデリックローズは今回落選となりました。今シーズン14.8点、4.8アシスト、40%のFG%を記録しているローズですが、やはり怪我の影響などで度々欠場している事が響いたのかもしれません。

それからヒートのウェイド&ボッシュも落選、レブロンとの元ヒート共演は惜しくも見られず。

同一チーム最多選出はウォリアーズからカリー、トンプソン、バーンズ、イグダーラ、グリーンの5名、流石チャンピオンチームですね。

 

それでは今回候補に挙がった選手のUSA代表経験を一人一人解説していこうと思います、せっかくなので良い動画があればそれも重ねて紹介いたします。

 

ラマーカスオルドリッジ(スパーズ)

オルドリッジは2008年のドリームチームの練習相手となる選抜チームのメンバーでした。
 

カーメロアンソニー(ニックス)

2004年の銅メダル、そして2008年と2012年には金メダルに貢献しました。2012年にはナイジェリア戦で何と14分29秒の出場時間で10本の3を含む37点のドリームチーム史上一試合最高得点を記録。


 

ハリソンバーンズ(ウォリアーズ)

2010年のナイキフープサミット、そして2013年と2015年にはUSAバスケットボールショーケースに参加。
 

ブラッドリービール(ウィザーズ)

10代の頃、FIBA U17(17歳以下)世界選手権2010のMVPに輝きました。2014年、2015年のUSAバスケットボールショーケースにも参加。
 

ジミーバトラー(ブルズ)

2014年のUSA選抜チームに選出されたものの、プレイは出来ませんでした。2015年のUSA男子ナショナルチームのミニキャンプに参加。
 

マイクコンリー(グリズリーズ)

初のUSA代表経験は、高校生の時2005年ユースディベロップメント祭にて。2013年と2015年のUSAナショナルチームミニキャンプに参加。
 

デマーカスカズンズ(キングス)

2014年FIBAワールドカップで金メダル獲得に貢献、2012年の五輪チームと練習相手となるUSA選抜チームに選出、初のUSA代表経験は高校生時2007年のユースディベロップメント祭にて。
 

ステファンカリー(ウォリアーズ)

FIBAワールドカップ2010と2014にUSAナショナルチームの一員として、また2007年のU19世界選手権メンバーとして金メダルに貢献。


 

アンソニーデイビス(ペリカンズ)

2011年のナイキフープサミットにてUSA代表デビュー、2012年の五輪、そして2014年のFIBAワールドカップにて金メダルを獲得。
 

デマーデローザン(ラプターズ)

2008年のナイキフープサミットメンバー、2012年のUSA選抜チーム選出、2014年FIBAワールドカップで金メダル獲得。
 

アンドレドラモンド(ピストンズ)

2009年にU16のナショナルチームメンバーに選出、2014年のFIBAワールドカップメンバーとして金メダル獲得。


 

ケビンデュラント(サンダー)

2010年FIBA世界選手権のMVP、2012年五輪にてチームのリーディングスコアラーとなる一試合19.5点を記録し金メダル獲得に貢献。


 

ケネスファリード(ナゲッツ)

2014年FIBAワールドカップ金メダル、オールFIBAワールドカップチームの5人に選出。


 

ルディゲイ(キングス)

2010年FIBA世界選手権、2014年のFIBAワールドカップの金メダル獲得に貢献、2012年の五輪チーム最終選考に残りました。
 

ポールジョージ(ペイサーズ)

2012年のUSA選抜チームメンバー、2013年、2014年、2015年のナショナルチームトレーニングキャンプに参加。
 

ドレイモンドグリーン(ウォリアーズ)

USA代表としての経験を大学生からスタートした数少ないプレイヤー、2011年のUSA世界大学選手権チームのメンバー。
 

ブレイクグリフィン(クリッパーズ)

2012年の五輪チームに選出、左膝の手術によって参戦を辞退する事になりました。
 

ジェイムスハーデン(ロケッツ)

2012年の五輪チームメンバー、2014年FIBAワールドカップで金メダルを獲得。


 

ゴードンヘイワード(ジャズ)

2009年にU19世界選手権のメンバーの金メダル獲得に貢献。
 

ドワイトハワード(ロケッツ)

2004年のナイキフープサミットに参戦出来なかった後、2006年のFIBA世界選手権にて銅メダル、そして2008年の五輪金メダル獲得に貢献。
 

アンドレイグダーラ(ウォリアーズ)

2010年FIBA世界選手権と2012年の五輪メンバーとして金メダル獲得に貢献。
 

カイリーアービング(キャバリアーズ)

2010年FIBAアメリカU18選手権で金メダル、そして2014年FIBAワールドカップでも金メダルを獲得、更にMVPに選出。


 

レブロンジェームス(キャバリーアーズ)

2004年五輪銅メダル、2008年、2012年五輪金メダルを獲得、2006年FIBA世界選手権で銅メダルを獲得。


 

デアンドレジョーダン(クリッパーズ)

2007年のUSA U19世界選手権チームメンバーとして銀メダルを獲得、2014年にUSA選抜チームに選出され2014年USAナショナルチームと試合をしました。
 

クワイレナード(スパーズ)

2012年USAセレクトチームに選出、USA代表チームと試合をしました、更に2015年USAバスケットボールナショナルチームのトレーニングキャンプ、そしてショーケースに参加。
 

ケビンラブ(キャバリアーズ)

2007年にナイキフープサミットに参加、2010年のFIBA世界選手権、2012年の五輪で金メダルを獲得。
 

クリスポール(クリッパーズ)

2008年と2012年の五輪金メダル獲得に貢献、2006年FIBA世界選手権で銅メダルを獲得。2005年USAバスケットボール年間アスリート共同受賞者に選ばれました。
 

クレイトンプソン(ウォリアーズ)

2014年FIBA世界選手権で金メダル獲得に貢献、2009年にFIBA U19世界選手権でUSA代表デビュー。
 

ジョンウォール(ウィザーズ)

2009年ナイキフープサミットに参加、2012年のUSA選抜チームメンバーとしてUSA代表と試合をしました、2014年、2015年USAバスケットボールナショナルチームのトレーニングキャンプに参加。
 

ラッセルウエストブルック(サンダー)

2008年のUSA選抜チームに選出、2010年FIBA世界選手権、2012年五輪金メダル獲得に貢献。

 

以上のメンバーから最終的に12人に絞られます、そしてコーチは2012年ロンドン五輪と同じデューク大からマイクシャシェフスキー。

このメンバーであれば確実に良いチームが出来上がるというイメージは沸きますが、12名に絞るとなるとかなり難しい選出ですね。

ちなみに私が12名を選ぶとしたら、

PG
ステファンカリー
カイリーアービング(SG器用もアリ)
クリスポール

SG
ジミーバトラー
ジェームスハーデン
ポールジョージ(SF器用もアリ)

SF
レブロンジェームス(PF器用もアリ)
クワイレナード
ケビンデュラント

PF
ドレイモンドグリーン(SF、C器用もアリ)
アンソニーデイビス(C器用もアリ)

C
ドワイトハワード

そして個人的に見てみたいお気に入りの布陣は、

PG ステファンカリー
SG ジミーバトラー
SF クワイレナード
PF レブロンジェームス
C ドレイモンドグリーン

のスモール、守備から始まるトランジションオフェンスでガンガンいこうぜ的な布陣にしたつもりです。

チームダンカーズなら、

PG ウエストブルック
SG ポールジョージ
SF レブロンジェームス
PF ブレイクグリフィン
C デアンドレジョーダン

ですかね、ロブり役がいない感じですが、そこはもう勢いですよ、勢い(謎

 

まぁポンと選んじゃってる感がありますが、このメンバー決めるのに一度ドリンク休憩&ストレッチ挟んでるぐらい悩んでますので、実際選出する側は相当頭を悩ませる事と思います。

しかしこの30名が12人の枠をかけて競うとか胸熱すぎますよね、今年のドリームチームも非常に楽しみです。


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

04181801

試合に出られず苛立ちを募らせるジョエルエンビードの価値に迫る

ジョエルエンビードが飢えている …

  • zumi

    アメリカ代表候補の選手はみんな能力高いので選ぶの大変そうですよね~
    監督のコーチKも毎回ニヤニヤしながら選んでそうです(笑)
    自分が12人選ぶとしたら
    PG
    ステファンカリー
    カイリーアービング
    クリスポール
    SG
    ジェームズハーデン
    ポールジョージ
    クレイトンプソン
    SF
    レブロンジェームズ
    ケビンデュラント
    PF
    ダニーグリーン
    ブレイクグリフィン
    C
    ドワイトハワード
    アンドレドラモンド ですかね(笑)
    スタメンは
    PGステファンカリー
    SGポールジョージ
    SFレブロンジェームズ
    PFブレイクグリフィン
    Cドワイトハワード
    で相手を圧倒するパワーでダンク祭りですね(笑)
    すいませんめっちゃ長文になりました。

    • carter2

      zumiさんのメンバーもかなり魅力的ですね!ちなみにPFはドレイモンドですかね、ダニーですとスパーズになっちゃうので(笑)

      そのスタメンは毎試合ハイライトだらけになりそうですね!