Home / NCAA / ニュース / ザイオン・ウィリアムソンのチャージングはジープと正面衝突するのと同じ程の力を生み出すと物理学者が発表
12091801

ザイオン・ウィリアムソンのチャージングはジープと正面衝突するのと同じ程の力を生み出すと物理学者が発表

2018年12月09日
【スポンサーリンク】

怪物と称されるデューク大の黄金ルーキー、ザイオン・ウィリアムソンはもはや人間ではなかったようだ。

2m・130kgの巨漢であるザイオンだが、彼のパワーが現実離れしているのはそのハイライトを見れば一目瞭然。そこでリンチバーグ大学の物理学者、エリック・ゴフ氏はザ・ウォール・ストリート・ジャーナル(1889年から発行されている経済新聞)からの依頼を受けて、ザイオンの身体を分析、そして映像を見ながら彼のチャージングがどれ程の衝撃を生むのか調査したそうだ。

その結果、なんとザイオンのチャージングは時速16kmのジープと正面衝突するのと同じ程の力を生み出している事が分かったらしい。

時速16kmと車としては低速であるとは言え、約2トンある物体と実際に正面から当たったら堪ったものではない。どういった計算でこの答えに辿り着くのは謎だが、それと同じだけの衝撃を本当に130kgの人間が生み出しているのであれば恐ろしすぎる話である。

彼はその恵まれた体格と驚異の跳躍力でハイライトを量産する様から、度々試合中に「空飛ぶマックトラック」と実況される事があるが、本当に彼が空飛ぶ車である事が今回の調査で証明されたようだ。

【スポンサーリンク】

ちなみにザイオンは大学デビューからこれまでの10試合でまだ一度もチャージングをコールされてはいない。このニュースが世に出た今、相手チームで彼の前に立ちはだかろうとする勇者は果たして現れるのだろうか。

▼ザイオン・ウィリアムソン NBAドラフト2019 スカウティングビデオ▼

参考記事 : CBS SPORTS


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。