Home / NBA / youtube / ステフィンカリーが練習で圧巻のシューティングを披露
05201802

ステフィンカリーが練習で圧巻のシューティングを披露

2018年05月20日
【スポンサーリンク】

現在ロケッツとカンファレンスファイナルを戦っているウォリアーズのステフィン・カリーが練習中に圧巻のシューティングパフォーマンスを披露した。

▼69/75 3ポイント成功▼

第3戦を二日後に控えた練習でカリーは75本中69本の3ポイントを成功したようだ。そして動画内では38連続でコーナー3を成功させている。練習とはいえこれだけ正確に3ポイントを沈められるのは流石としか言い様がない。しかも38連続で決めたのは角度のないコーナーからの3、多くのシューターは45度を得意スポットとするがバックボードが見えず距離感が掴みにくい0度からこれだけの精度を誇るのは凄まじい。

そして一定のリズムから難なくシュートを決め続けているが、ワンモーションのクイックリリースでこれだけ安定してボールを飛ばせているのはお見事。頭上で一度セットして狙いを定める動作がほぼ省略された状態で素早く、かつ正確にシュートを放てるのは彼の凄さを痛感せざるを得ない。

現在カリーは膝の怪我から復帰して間もないため健康状態が危惧されている。それが現在のロケッツとのシリーズで3ポイントが2/13のシュートスランプに影響しているのではないかと言われているが、ウォリアーズのスティーブ・カーHCに心配はない。

「彼は健康だよ。動きも問題ないし、ただリズムが掴めていないだけだろうね。」

そして第2戦で孤軍奮闘したケビン・デュラントも、相棒のスランプについての質問を一蹴した。

【スポンサーリンク】

「彼は史上最高のシューターだ。全然心配していないよ。」

カリー自身も己のコンディションについては問題ないと明言している。

「何度も言うけど、自分は健康だよ。自信を失う事はない、1/8でも常に次のシュートを沈めると言う自信を持って打つだけさ。チームメイトも自分が出来る事を信頼してくれているし、心配はない。普段どれだけハードに取り組んでいるか自分自身がよく分かっているからね。」

今回のシューティングでタッチの狂いはない事を証明して見せたカリー、第2戦から復帰したペリカンズとのセミファイナルでは3ポイントを44%の成功率で沈めていただけに今回のスランプも大事ではないだろう。

明日行われる第3戦では史上最高シューター、ステフィン・カリーの爆発が大いに期待される。

▼2月に公開された93/100シューティング動画▼


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

04141801

NBA公式から2017-2018シーズンのBESTプレー動画が一挙公開

今季も数々の名プレーが飛び出し …