Home / NBA / 選手 / 「親愛なるバスケットボールへ」引退を告げるコービーからの手紙
11301501

「親愛なるバスケットボールへ」引退を告げるコービーからの手紙

【スポンサーリンク】

その時、
私が父の靴下を丸め、
想像しながらシュートを打ち始めた、
試合を決定付けるシュートを。
グレイトウエスタンフォーラムで。
一つの事が確かだと知った。

私はアナタに恋をしたという事。

その愛はとても大きく、私は全てを与えた。
私の意識と身体から。
私の心と魂まで。

6歳児ながら、
深く恋に落ちた。
そのトンネルの終わりが見える事はなかった。
ただ自分自身だけを見つめ、
全力で駆け抜けた。

私は走り続けた。
あらゆるコートを往復し、
いつもルーズボールになると、
アナタは私にハッスルを求めた。
私はアナタにハートを与えた。
なぜならそれは何倍にもなって返って来たから。

私は汗と痛みを通してプレイした。
それはチャレンジが私を呼んだからじゃない。
アナタが私を呼んだから。
私はアナタのために全てを捧げた。
なぜならそれがアナタが私に対して
生きているという実感を与えてくれたのと同じぐらいの事を
誰かがしてくれた時にする事だから。

アナタは6歳児にレイカードリームを与えた、
そして私は常にそれをしてくれたアナタを愛すだろう。
しかし私がアナタを情熱的に愛し続けられるのもそう長くはない。
今シーズンが私が与えられる全て。
私の心は高鳴り、
私の精神は困難に耐えられるが、
私の身体はお別れの時だと告げている。

それはOKだ。
別れの準備は出来ている。
だからアナタに今知って欲しい。
残された時間の一瞬一瞬を共に味わおうと。
良い事も悪い事も。
お互いに与えあって来た。
私たちの全てを。

そして、私たちは知っている、次に私が何をするかに関わらず
私は常にあの時の子供
丸めた靴下を
隅に置いたゴミ箱に
時計には残り5
ボールは手の中
5,4,3,2,1

アナタをずっと愛している

コービー


【スポンサーリンク】

- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

09111704

ボストンへの思いとクリーブランドでの意気込みについて語ったアイザイアトーマスの単独インタビューを和訳しました

先日アイザイアトーマスのボスト …