水曜日 , 9月 28 2022
Breaking News

ドウェインウェイドがキャブズと契約合意、レブロンジェームズとの黄金デュオが復活

2017年09月27日
【スポンサーリンク】

ブルズからバイアウトとなり行き先が注目されていたドウェインウェイドが本日キャバリアーズと契約合意に至ったとThe Verticalのシャムズシャラニア氏が伝えました。

契約内容は単年でベテランミニマムとなる230万ドル、そしてウェイドはブルズと今季のサラリー2380万ドルの内800万ドルを譲歩してのバイアウトとなっているので、残りの1580万ドル+新規契約分の230万ドル=1810万ドルを受け取る事となります。

ウェイドの関係者の情報では彼は以前からキャブズと契約する意思を固めていたとの報道もありましたがバイアウト後間も無くして実現、そしてこの移籍によりかつてヒートで2連覇を達成したレブロンとの黄金デュオが復活となりました。

Bleacher Reportでは早速あのヒート時代の名画像がクリーブランド版で公開。

 

今回の移籍においてレブロンはウェイドにチームに加わるよう熱心に説得を試み、それに大親友であるウェイドが応える形で契約合意に至ったようです。他候補で挙げられていたチームとCLEの掲示した契約金自体にはそれ程大差がなかったため、彼が本当にプレーしたいと思える環境を純粋に選んだ結果と言えるでしょう、そしてそこにはやはりレブロンの存在があったわけですね。

こちらは相棒であるレブロンに感謝しキャブズの一員となれた事を喜ぶウェイド。

 

【スポンサーリンク】

キャブズはこのオフにアイザイアトーマス、デリックローズ、ドウェインウェイドというビッグネームが加入、更にジェイクラウダーやホセカルデロン、ジェフグリーンなどの実力者も獲得しておりロスターがガラリと変わった印象はありますが、ヘッドコーチであるタイロンルーはそれらのメンバーをまとめるのは容易ではないものの、この新チームに対し確かな手応えを感じているようです。

「新しい選手が加わる時は常に挑戦となる。しかし自分はその挑戦は望むところで、それは選手たちも同じさ。どう仕上がるかはいずれ分かる、私たちにとってとても良い一年になるよ。」

 

 

そして今季もチームのスターティングセンターを務めると見られているトリスタントンプソンはウェイドがチームに問題なく馴染む事を確信。

「彼はこのチームにいるほとんどのメンバーと気の知れた仲だからね、相手でも味方でもね。とてもいい感じに馴染むと思うよ、彼はベテランだし、ロッカールームでもとても良い人なんだ。彼の悪い噂は聞いたことがないからね。このチームにまた新たな王者のメンタリティーを持った選手が加わるのは素晴らしい事だ、パズルにまたピースが加わったね。」

 

しかしレブロンの陰となる事を拒んだカイリーアービングがチームを去った直後、かつてヒート時代レブロンに次ぐ二番手である事を厭わなかった相棒のウェイドが加わるとは物凄いドラマですよね。

 

来年1月に36歳を迎えるウェイドですがその熟練されたスキルはまだまだ健在、今季のキャブズでの活躍を大いに期待したいです。

SOURCE : ESPN

【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトを運営。大学から渡米し7年滞在後に帰国。2015年からツイッターでNBA情報発信を始める。レブロンと同い年の会社員。

Check Also

デイミアン・リラードが近日トレード要求の報道を否定、ブレイザーズに対する現在の心境を語ったインタビュー和訳

昨日リラードの近しい関係者から …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)