Home / NBA / コラム / 10年越しの祝福 – ビンスカーター
11221402

10年越しの祝福 – ビンスカーター

【スポンサーリンク】

カーター程古巣に嫌われるプレイヤーはいないのかもしれない。

それと同時に、カーター程古巣に愛されているプレイヤーもいないのかもしれない。

先日19日のエアカナダセンターでのラプターズ対グリズリーズ戦、カーターにとってとても大きな出来事が起こりました。

今年はラプターズが創設されて丁度20周年目なのですが、それを記念して何と試合の途中でカーターのトリビュートビデオが上映されたのです。

ラプターズを通してトロントでのバスケ人気を開拓したビンスカーター、しかし過去記事にも書きましたがラプターズのファンからは裏切り者のレッテルを貼られるヒール役となってしまいました。

エアカナダセンターを訪れる度に鳴り止まないブーイング、カーターもそれをモチベーションに変えてプレーしているとは言っていましたが、やはり心のどこかで自分のキャリアをスタートさせた土地で歓迎されないというのはとてももどかしく、心苦しい感情があった事でしょう。

しかし、今回このビデオが流された事により、ラプターズにとってカーターの存在がどれだけ大きかったものか、そしてファンもそれを何より分かっていた事が証明されました。

ビデオが流れた後、カーターの目には涙が浮かんでいました、そして始めはブーイングが始まったものの徐々にエアカナダセンターでは約10年もの間見られる事の無かったカーターに対しての純粋な拍手に変わり、そしてスタンディングオベーション。

気付けば私の目からも涙が出ていました。

小セレモニーの後、解説者が「ビンスカーターがトロントに来た事により、キッズがバスケットボールをプレーするのを見かけるようになった、家にフープが設置されている光景が多く見られるようになった」と言っていました。

カーターはラプターズの歴史だけでなく、カナダのバスケットボールの歴史そのものを塗り替えたと言っても良いかもしれません。

この試合中、カーターがボールを持つとやはりブーイングは聞こえていましたが、それは今までのブーイングとはまた違った意味で捉えられる気がします。

「またラプターズのビンスカーターが見たいぞー、ラプターズ以外のジャージを着て活躍するカーターは見たく無いぞー」

私にはそんな風にも聞こえて来ます。

 

– 本日の一曲 –

「Luke Christopher – The Material」


【スポンサーリンク】

- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

01011601

レイカーズ史上最も偉大な選手の一人であるカリームアブドゥルジャバーがコービーへ贈る言葉

6度のチャンピオン、6度のMV …