Home / Dunk / ダンカー / 顎がリムの高さなジェラルドグリーンがヤバい
01151501

顎がリムの高さなジェラルドグリーンがヤバい

2015年01月15日
【スポンサーリンク】

今日も何気なくTFBのチャンネルをチェックしてましたら、なかなか熱い動画が来ておりました。

Phoenix Suns Gerald Green Windmills with his CHIN OVER THE RIM!

サンズ所属のグリーンが練習中にダンクをかましてるんですが、相変わらずぶっ飛んだ跳躍力です。

動画のタイトルは顎がリムを越えてるって言ってますが、見た感じだと水平に近いぐらいかなーといった印象です。

これを見るとネッツ時代のコレを思い出しますね。

しかし、29歳でこの身体能力を保っているとは何とも素晴らしい、高校時代にコンテストで優勝してから約10年が経過していますが、其れ程跳躍力が落ちていないように見えます。

ハイスクールのダンクコンテスト

セルティックス時代にNBAのコンテストでも優勝し、トータル3回出場してはいますが、個人的には今年辺りも出て欲しいなと思えるプレイヤーですね。

なぜなら、、、こちらを見て頂ければ分かります。

【スポンサーリンク】

昨年末にサンズの公式チャンネルでアップロードされたこちらの動画。

サンズの練習中にグリーンとグッドウィンがダンクバトルをしているんですが、グリーンがやはりヤバい。

最後の二本、360BTLと両足の下を通すTFBでお馴染みのダンクを決めています、いやぁ今でも普通に優勝出来るレベルです。

案外コンテスト、ゲームタイム、両方ハンパないダンカーと言うのは限られていますが、何気にグリーンはそういった意味でNBA歴代でTOP10に入ってもいいんじゃないかなと思えるぐらいのダンカーだと感じています。

しかしグリーンは2009年にNBAを離れ、国外で苦労し経験を積んだ後、2012年にNBA復帰出来たという経緯のある選手ですので、今こうして再びダンクで注目されたり、サンズで良いプレイヤーと再評価されているのは本当に嬉しいものです。

私も年齢的に彼と近いので勇気をもらえますね。

膝が悲鳴をあげていますが、私も彼を見習って頑張ります、ぅん。

 

 


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

01141602

レブロンを越える逸材?16歳の高校生、ザイオンウィリアムソンがヤバすぎる

今SNSで大いに話題となってい …