Home / NBA / ニュース / ESPNのウォジナロウスキー記者が断言「カーメロは次のチームと契約するだろう」
11281801

ESPNのウォジナロウスキー記者が断言「カーメロは次のチームと契約するだろう」

2018年11月28日
【スポンサーリンク】

どうやら我々は再び今季中にカーメロ・アンソニーの勇姿を拝む事が出来そうだ。

ヒューストン・ロケッツからの退団が発表されたカーメロは現在もロケッツのメンバーであるが、間も無くウェイブもしくはトレードでチームを離れると伝えられている。そのカーメロについて、ESPNの名記者であるエイドリアン・ウォジナロウスキー氏は同じく現在ESPNのフロントオフィスインサイダーを務めるボビー・マークス氏とのポッドキャストでコメントを発し、カーメロのNBAでの現役継続を断言した。

「ヒューストンがカーメロ・アンソニーをまだ手放していないのは財務上の理由が関係している。カーメロは今季中にリーグに戻る、私はそれを全く疑っていない。全くだ。彼にはまだ仕事が舞い込むだろう。その役割がどれほど重要なものか?それはまだ分からないが、次は彼にとって正しいチームとなると見ている。それはきっと納得の行く移籍先になる。」

現時点ではカーメロにとっての選択肢はかなり限られたものとなっている。しかし、ロサンゼルス・レイカーズ、マイアミ・ヒート、ポートランド・トレイルブレイザーズがカーメロがロケッツを離れると公表された際に興味を示したと伝えられている。

カーメロは現在優勝のためだけにプレーをしている、ロケッツでもサンダー時代には拒む発言をしていたベンチロールを受け入れていた。それはつまり自我よりもチームへの貢献を第一と考えているという事であり、他チームにとっては受け入れやすい状況と言える。今季スタートダッシュを見せたブレイザーズは最も良いチャンスを彼に与えられる環境が整っている。そしてレイカーズにはカーメロと同期であり長年の相棒であるレブロン・ジェームズがいるため、これまでオールスターや五輪などでチームメイトとしてプレー経験がある彼がカーメロの良さを引き出せるとも見られている。そしてヒートは得点力不足であることからトップスコアリングオプションとしての活躍が見込めるだろう。今季限りでの引退を表明している同期のドウェイン・ウェイドとこれまた相棒タッグを組む事も出来る。ちなみにウェイドはカーメロがロケッツで欠場続きとなった際に、彼を擁護するツイートをしていた。

「俺の相棒を連敗の原因にしようとしているのか!?そんなことはもう止めるんだ。本当の問題を見つけずに短絡的な答えを出そうとしているようなものだ。」

 

続けて「メロの価値はそんなものではない」というツイートを強調する指差し絵文字のツイートを投下。 

そしてレブロンも「事実」というハッシュタグを添え、そのウェイドのツイートを繰り返していた。 

【スポンサーリンク】

 

カーメロにとって最も優勝の可能性が高いと言えば、この3チームならおそらくブレイザーズだろう。しかしこれまでの彼のキャリアを見てきていればレイカーズ、もしくはヒートで同期の相棒と共にプレーする光景を望む者も少なくないかもしれない。

いずれにせよ再びNBAで彼のプレーが拝める事になるのはファンにとって朗報だ。どのチームになるのかは不明だが、その時が来るのを楽しみに待つ事にしたい。

▼現在ニューヨークのジムでワークアウトに励んでいるカーメロ▼ 


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

12081801

怪我で離脱しているデマーカス・カズンズが試合前の練習に参加、スーパーチーム完成の時が近づくウォリアーズ

いよいよ史上最強と言われるスー …