Home / NBA / ニュース / ロケッツのカーメロ・アンソニーが見納めか、代理人が移籍先の情報収集を始める
11131801

ロケッツのカーメロ・アンソニーが見納めか、代理人が移籍先の情報収集を始める

2018年11月13日
【スポンサーリンク】

現地時間11月8日に行われた対オクラホマシティ・サンダー戦以降、カーメロ・アンソニーは体調不良という理由で欠場が続いている。

しかしESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー氏によると、その真の理由は既にヒューストン・ロケッツが彼に見切りをつけたからだそうだ。今の所ロケッツで戦線復帰するという話は全く進んでおらず、彼の代理人は既にNBAのフロントオフィスからカーメロの次の移籍先の情報を集めていると伝えられている。

近い将来、カーメロはロケッツを去る事になる。どうやらこの説が濃厚らしい。

カーメロは今季10試合のみの出場(スターター2試合)で、ロケッツは昨季リーグ勝率1位となったチームにしては負けが先行し物足りないスタートとなっていた。カーメロは6thマンとして3試合で20得点を越えるなど要所で活躍を見せてはいたが、マイク・ダントーニ監督は新人のパワーフォワード、ゲイリー・クラークの方がチームによりフィットすると考えているそうだ。彼の出番を増やすとなると、必然的にカーメロの出場時間は削られる事になる。この10試合を見て、カーメロの居場所はない、チームはそう判断したわけだ。元々カーメロはポストプレーやペリメーターからのミドルシュートを得意としており、高確率なペイントエリア内のシュート、そして得点効率の良い3ポイントに特化したオフェンスを展開しているダントーニバスケットには合わないという声は多かったのは確かではある。なおかつディフェンスもオンボール、オフボール共に優秀と言えるわけではない。しかしそれは既に周知の事実だったはずだ。カーメロは彼に求められた役割、このチームでスポットアップシューターになるという責務を理解し、それなりの活躍はしていたと言えるが、それでも不要となればどうしようもないだろう。ちなみに彼が最後に出場したサンダー戦ではフィールドゴールが1/11と不調に終わってしまっていた。

このままカーメロがウェイバーにかけられればロケッツとの契約金であったベテランミニマムの240万ドルを引き継いで他チームと契約が可能、もしそれがクリアーされれば改めてフリーエージェントとなる。カーメロは新チームとすぐさま契約、もしくは最もフィットすると思えるチームが現れるまで市場を吟味する事になるだろう。

いくつかの他チームのGMやコーチは既にこの情報を元に、カーメロを獲得するべきか否か協議を開始しているとの事だ。

【スポンサーリンク】

ロケッツのGMであるダリル・モーリーは、「カーメロは私たちが彼に求めた事をしっかりこなしてくれている、彼のアプローチには満足している」と答えていたが、ロケッツのコーチ陣、そして選手達はカーメロがチームに戻らない事を確信済みだという。

カーメロは次戦のデンバー・ナゲッツ戦も引き続き欠場となる、理由は変わらず体調不良だ。

今年34歳となった10タイムオールスター、彼の行き着く先はどこになるのか。引き続きその動向に注目が集まる。

▼対ネッツ戦 カーメロ・アンソニー 28得点ハイライト▼

参考記事 : ESPN


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

12081801

怪我で離脱しているデマーカス・カズンズが試合前の練習に参加、スーパーチーム完成の時が近づくウォリアーズ

いよいよ史上最強と言われるスー …