Home / NBA / コラム / NBA史上最もエキサイティングなチーム
11091401

NBA史上最もエキサイティングなチーム

2014年11月09日
【スポンサーリンク】

前回の記事でマジックの動画を載せましたが、当時のレイカーズはマジックのパスから繰り広げられるオフェンスがショータイムバスケットと称され人気を博しました。

そして、私個人的にチーム全体でのショータイムバスケットという意味で推しまくりたいチームがあるんですが、

それが2000年のサクラメントキングス

11091403.jpg

ピストルピートマラビッチの再来と言われたスーパーミラクルトリッキーなパスを出すジェイソンウィリアムスを起点に、チーム全員が見事なパス展開を繰り広げ、リーグで最もエキサイティングなチームと評判でした。

↓このハイライトだけでも、いかにワクワクするチームだったかお分かり頂けると思います。

当時バスケ知らないやつにNBAを見せるなら、キングスの試合を見せろ、と言われたぐらい見ていて面白すぎるチームでしたね。

2001年にPGがジェイソンウィリアムスからマイクビビーになり、ショータイム要素は若干薄れ多少残念だった感は否めませんでしたが、ビビーの方がPGとしての総合力は高かったためほぼ無敵状態だったレイカーズ以上に完成されたチームとなり、魅せれてなおかつ強いという、かなり魅力的なチームとなりました。

しかしそんなキングスだったんですが、その年のカンファレンスファイナルで涙を飲まされまくります。

レイカーズとのカンファレンスファイナル第6戦がNBA史上というかアメリカのスポーツ史上最もアンフェアなジャッジが下されまくった試合として歴史に残ってしまったのです。

キングス3-レイカーズ2とキングス王手で迎えた第6戦、勝利が危うくなったレイカーズに第4Qに何と27本のフリースローが与えられたのに対し、キングスは9本。あからまにレイカーズが負けないように仕組まれてるとしか思えないジャッジにNBAファンは首を傾げたのです。

↓正に悲劇としか言えない雰囲気が感じられます。

【スポンサーリンク】

NBA史上最もエキサイティングなチームの一つであった2000年初期のサクラメントキングス。

レイカーズに敗れる形になったとは言え、当時のプレーで最も私の記憶に残っているのはキングスのプレーでした。

最後に、キングスヒストリーミックスを貼っておきます。

The Sacramento Kings Era – 1985 to Forever

明日から水曜の夜まで鳥取出張となりますので、更新が厳しくなりそうです。

それではみなさん良い夜を。

 


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

01011601

レイカーズ史上最も偉大な選手の一人であるカリームアブドゥルジャバーがコービーへ贈る言葉

6度のチャンピオン、6度のMV …

  • しげを

    いつもながら読ませてもらってます。
    この頃はLAL、SAC、SA、DALがしのぎを削ってた気がします。
    特にLALとSACの試合は毎試合激戦でしたねw

  • carter2

    ですね〜、そして何気にブレイザーズも熱かったですよね。
    LAL対SACはディバッツがリバウンドはたいて、上手い具合にオーリーの所に飛んで行ってブザービーター3が忘れられません(笑)