Home / Dunk / ダンク動画 / 見事な連携プレイで有り得ない高さのレッグスルーダンクを演出
08181503

見事な連携プレイで有り得ない高さのレッグスルーダンクを演出

【スポンサーリンク】

誰かを踏み台にしてダンクしてみよう。

バスケしている人なら皆一度は考えそうな事ですが、実際危なかったり、本気でやってみようと思う人もいなかったりで案外トライはしないものですが、

試合中にガチでやった方がおりました。

OMG! The CRAZIEST FAST-BREAK DUNK you will EVER SEE! #SCtop10

しかもダンクするためにっていうか、一人では決して成し得ないダンクを披露するためにやったというそれこそ意味有り有りな芸術ダンクです。

ファーストブレイクでそのままダンクかと思いきや、チームメイトが手で踏み台を作り、二段ジャンプで股抜きダンク、胸がリングに達する程の仰天ダンクを生み出しました。

昔NBA STREETっていうゲームにハマっていた時期があり、そのゲームでゲージが溜まると発動出来るゲームブレイカーという必殺モードがあったのですが、今回このダンクを見た瞬間正にそれを思い出しましたね、通常では滅多に出せない必殺ダンク、何かもう5点ぐらいあげたい。

ルールブックにおいて、チームメイトを踏み台にしてジャンプしてはいけない、など記述がなければ見事なスーパーダンク、素晴らしいショーバスケットだと思います。

そして試合中となると、踏み台を作る側もダンクする側もそれなりに練習してその機会を伺わないといけないので、そういう意味でも感動ものですよね。

この二人には是非スカイラブハリケーンダンカーの道を究めて欲しいものです(ぇ


【スポンサーリンク】

- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

11281601

90年代を代表するスーパーダンカー、ショーンケンプの強烈ダンクTOP50が公開

先日26日に47歳の誕生日を迎 …