Home / NBA / ニュース / 「顔面を撃たれれば良い」不謹慎なツイートを受けたグリーンに対し、ウォリアーズがセキュリティーを強化
05091802

「顔面を撃たれれば良い」不謹慎なツイートを受けたグリーンに対し、ウォリアーズがセキュリティーを強化

2018年05月09日
【スポンサーリンク】

ウォリアーズが118-92で大勝したペリカンズとのセミファイナル第4戦の後に投稿された一つのツイートが波紋を呼んでいたが、それを受けてウォリアーズのスティーブ・カーヘッドコーチはドレイモンド・グリーンに対するセキュリティーを強化すると告げた。

その問題の投稿となったのは、ピン芸人として活動するアンドリューポーク氏が呟いたこの発言。(このツイートは第三者によって転載されたもの)

「市全体の統計で37%ぐらい、ドレイモンドはアリーナを出るや否や顔面に銃撃を受ければ良いね。」

 

このニューオーリンズの銃を用いた犯罪率の高さを含んだ不謹慎な投稿が炎上、試合後の記者会見でグリーンがコメントする事態となっていた。

「もし彼がバスケを通してこんな事をする必要性を感じているのなら可哀想に思うよ。誰かがここまで本気に考えるなんて悲しい、結局の所これは試合なんだから。死の脅迫をしたり、人生について語ったりなんて、俺は彼が適切な助けを得られる事を祈るよ。」

 

ちなみにグリーンはツイッターでこの投稿に対して、

「面白いツイートだな、ツイッターから凍結されるんじゃないか。」

と彼らしい返答をしていた。

 

その後ポーク氏はアカウントを削除したが、後に復活させグリーンに対しての謝罪を投稿。今は再び削除されている。

【スポンサーリンク】

「際どいジョークだったんだがとてもバカな事を呟いてしまった。フラストレーションが溜まった一バスケファンとして、浮き沈みの日々なんだ。そして芸人として俺は常にウケの良い表現をするわけではない。ただの一試合を通して誰かが傷つくことは望んでいない。心から謝るよ。」

 

そしてこの謝罪ツイートに対して、グリーンは一蹴。

「この謝罪をする無駄な時間がもったいねぇな。」

 

グリーンはこの試合で8得点・9リバウンド・9アシスト・4スティール・2ブロックの活躍で勝利に貢献。テクニカルファールを受ける場面はあったが、彼がこのような発言を受けて良い理由はどこにもない。

▼ドレイモンド・グリーン 第4戦 ハイライト▼

 

この件について、カーHCはこうコメントした。

「我々のセキュリティー達がつくよ。自分達はよく “冗談でした” なんて言ってくる輩を知っている。しかしこういった事が起こればセキュリティーの人間達は常に対応しないといけない。みんなが知らない所でこういった事はたくさん起こっているんだ。」

 

今の時代SNSの普及もあり選手とファンの距離が近くはなっているが、何かを発信する上で最低限のマナーというものは常に意識したいものだ。


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

05221801

ジョーダンとレブロンの比較についてピッペンが回答「それは公平な比較にならない」

レブロン・ジェームズの今プレイ …