Home / NBA / ニュース / ESPNが2017-2018シーズンの各アワード受賞者予想を発表
04131801

ESPNが2017-2018シーズンの各アワード受賞者予想を発表

2018年04月13日
【スポンサーリンク】

今シーズンもレギュラーシーズンの全日程を終了したNBA。この時期になると各アワードの受賞者は誰になるのかという話題で盛り上がるが、今回アメリカのスポーツ専門チャンネルESPNが各アワードの受賞者予想をいち早く発表した。

発表されたのは、MVP、新人王、最優秀ヘッドコーチ賞、最優秀守備選手賞、6thマン賞、そしてMIPの6部門となる。

ESPNの投票者は各部門につき3位まで選手を挙げ、1位5点、2位3点、3位1点による合計点で競い合うルールの元集計が行われた。

以下がその結果となる。

▼新人王▼

選手名 得点 1位得票率(%)
1. ベンシモンズ(PHI) 261 77.6
2. ドノバンミッチェル(UTA) 190 22.4
3. ジェイソンテイタム(BOS) 42 0
4. カイルクーズマ(LAL) 17 0
5. ラウリーマルケネン(CHI) 5 0

受賞確率

ベンシモンズ : 93.1%

ドノバンミッチェル : 6.9%

 

▼最優秀ヘッドコーチ賞▼

選手名 得点 1位得票率(%)
1. ドウェインケイシー(TOR) 133 34.5
2. ブラッドスティーブンス(BOS) 110 20.7
3. クインスナイダー(UTA) 77 8.6
4. マイクダントーニ(HOU) 73 13.8
5. ネイトマクミラン(IND) 39 6.9

受賞確率

ドウェインケイシー : 41.4%

ブラッドスティーブンス : 34.5%

マイクダントーニ : 19.0%

 

▼6thマン賞▼

選手名 得点 1位得票率(%)
1. ルーウィリアムズ(LAC) 231 74.1
2. エリックゴードン(HOU) 121 10.3
3. フレッドバンブリート(TOR) 44 5.2
4. ウィルバートン(DEN) 39 5.2
5. テリーロジアー(BOS) 25 3.4

受賞確率

ルーウィリアムズ : 84.5%

エリックゴードン : 10.3%

 

▼MIP▼

選手名 得点 1位得票率(%)
1. ビクターオラディポ(IND) 231 75.9
2. クリントカペラ(HOU) 63 3.4
3. スペンサーディンウィディー(BKN) 39 1.7
4. ジュリアスランドル(LAL) 33 1.7
5. ヤニスアデトクンボ(MIL) 20 0

受賞確率

【スポンサーリンク】

ビクターオラディポ : 77.6%

ヤニスアデトクンボ : 6.9%

クリントカペラ : 5.2%

 

▼最優秀守備選手賞▼

選手名 得点 1位得票率(%)
1. ルディゴベール(UTA) 228 65.5
2. ジョエルエンビード(PHI) 90 13.8
3. アンソニーデイビス(NOP) 49 8.6
4. ポールジョージ(OKC) 40 6.9
5. ドレイモンドグリーン(GSW) 33 3.4

受賞確率

ルディゴベール : 81.0%

ドレイモンドグリーン : 6.9%

アンソニーデイビス : 5.2%

 

▼MVP▼

選手名 得点 1位得票率(%)
1. ジェームズハーデン(HOU) 249 70.7
2. レブロンジェームズ(CLE) 188 27.6
3. アンソニーデイビス(NOP) 41 0
4. デイミアンリラード(POR) 13 0
5. ケビンデュラント(GSW) 9 1.7
5. ヤニスアデトクンボ(MIL)  9  0

受賞確率

ジェームズハーデン : 98.3%

レブロンジェームズ : 1.7%

 

以上がESPNが発表した結果だが、受賞確率(ESPNのサイトに掲載されたものをそのまま転載)で見ると最優秀ヘッドコーチ賞以外は全体的に一位と二位の差が大きく開いており、恐らくこの結果がそのまま当てはまるのではないかと思わされる。

アワード受賞者は昨年と同様にNBAファイナル終了後の現地時間6月25日発表となっている。

参考記事 : ESPN


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

12081801

怪我で離脱しているデマーカス・カズンズが試合前の練習に参加、スーパーチーム完成の時が近づくウォリアーズ

いよいよ史上最強と言われるスー …