Home / NBA / ニュース / 試合後ロケッツ選手がクリッパーズロッカールームに侵入、セキュリティーが飛び出す事態に
01161801

試合後ロケッツ選手がクリッパーズロッカールームに侵入、セキュリティーが飛び出す事態に

2018年01月16日
【スポンサーリンク】

本日ステイプルズセンターで行われたクリッパーズ対ロケッツの試合後、ロケッツプレイヤー達がクリッパーズのロッカールームに侵入するという事件が起きた。

事の発端は試合終盤ロケッツメンバーと揉めたブレイクグリフィン、そしてクリッパーズベンチからトレバーアリーザに向かって攻撃的な言葉を発していたと思われるオースティンリバース(欠場中)に対しロケッツ側から物言いがあったという事だった。

ロケッツは113-102で敗戦した後、試合残り1分の所でグリフィンと口論し退場処分となったアリーザ、移籍後初の古巣凱旋試合となったクリスポール、そして怪我で欠場中のジェームズハーデンの三人が裏通路からクリッパーズのロッカールームに向かった。なおこの秘密ルートは元クリッパーズでありステイプルズセンターの構造に詳しいポールが教えたという報道が流れている。

そしてその移動途中に先月末に契約を結んだジェラルドグリーンも加勢し、計4名が裏口からクリッパーズロッカールームに突入、クリッパーズの選手達は4人の突然の侵入に動揺し全員が立ち上がったらしいが、数人のクリッパーズメンバーはあえて彼らを招き入れようとしたらしい。

その後セキュリティーガードとチームオフィシャル達が駆けつけロケッツメンバーを自軍のロッカールームへと戻るよう指示し事なきを得たと伝えられたが、あるクリッパーズの関係者は、「それは昔のNBAみたいなものだ。誰も喧嘩をおっぱじめようというわけではなかった。」と語った。

クリッパーズのグリフィンはインタビューにこう答えた。

「自分達は自分達のいるべき場所にいた、俺達のロッカールームにね。だからそこで起こったこと、つまり誰か他人が起こした事はこちらでコントロール出来る事ではない。俺達の行動はコントロールが出来る、そして俺達は全員が席についていた。それだけだ。聞くことがあるなら彼ら(ロケッツ)に聞いてくれ。」

ちなみに裏通路から4人がクリッパーズロッカールームに現れる前に、なぜか正面入り口からクリントカペラがドアをノックして丁寧に訪問してきたものの、クリッパーズのスタッフがカペラを見るや否やドアを閉めたそうだ。カペラはしばしどうしていいか分からずそこに立ち尽くした後、結局ロケッツのロッカールームに戻りシャワーを浴びてバスに乗り込んだと伝えられた。現在ある仮説では4人を探しに行ったのか、もしくは正面から行って囮になるよう仕向けられていたのか、それともみんなでクリッパーズロッカールームに向かうと聞いたが裏口とは聞いておらず一人で正面から乗り込んでしまったのか、いずれにせよただとばっちりを受けた感じで可哀想な気はしてしまう。

今日のステプルズセンターで行われたクリッパーズ対ロケッツはクリスポールにとって移籍後初の古巣凱旋試合だったわけだが、終始両チームとも険悪なムードになるシーンがありやはりオフにあった両チーム間のトレードが多少なりとも影響している感じは否めなかった。ポールはトリビュートビデオが流された際は拍手もあったが、自らチームを出た経緯もあり最初にボールを持った際はブーイングを受けていた。

▼タイムアウト中に上映されたクリスポールへのトリビュートビデオ▼

グリフィンは試合前に、「クリスポールは暖かく迎えられるべき存在」と語っていたが、クリスポール本人は試合後「ルーウィリアムズがクリッパーズのゴートゥーガイ(大黒柱)。」と発言しフランチャイズプレイヤーであるグリフィンを差し置き今季大活躍を見せているルーウィリアムズを推した。今日の試合で揉めていただけにあえてグリフィンの名前を挙げなかったのではという声も多い。

▼クリッパーズ対ロケッツ ハイライト 1月15日▼

 

ロケッツHCのマイクダントーニがコート横で接触し口論があったグリフィンに「F**k you!」と罵声を浴びせる、グリフィンがアウトオブバウンズを避けようとした際エリックゴードンに思い切りボールをぶつける、そしてアリーザがグリフィンと揉め二人とも退場処分を受けると荒れに荒れた内容だったが、この2チームの対戦は今季あと2試合残っており、2月28日に再びステイプルズセンターで、そして3月15日にトヨタセンターで行われる。この2チームはシーズンの約半分を終えた現時点でそれぞれ2位と7位、プレイオフ1stラウンドでぶつかる可能性も大いに有り得るだろう。

追記 : クリッパーズはこの件でロサンゼルス警察に通報をしていた様子、TNTの解説者であるバークレーとシャックはこれを聞いて「これで警察を呼ぶだなんて!」と大爆笑。

 参考記事 : ESPN


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

04241803

ケビンデュラントが再びSNSで炎上、第三者によるラッセルウェストブルックを批判するコメントにいいねをつける

ウォリアーズに移籍して以来お騒 …