Home / NBA / ハイライト / ハーデンがノールックでデローザンのボールを叩き落とす神業を披露
12011802

ハーデンがノールックでデローザンのボールを叩き落とす神業を披露

2018年12月01日
【スポンサーリンク】

オフェンス力はリーグ最高でありながら、ディフェンスが弱点と言われるロケッツのエース、ジェームズ・ハーデンが奇跡的な守備を見せた。

本日行われた対トロント・ラプターズ戦での第3クォーター残り4分を切った所でそれは起こった。デマー・デローザンのシュートが外れリバウンドを取ったハーデンだったが、パスミスをしてしまいターンオーバー。ボールをスティールしたデローザンがそのままレイアップに持ち込もうとドライブをした際にハーデンと接触、デローザンに弾かれる形になったハーデンは一瞬諦めたかのような素振りを見せたが、直後完全に目線を逸らしながらボールのみを右手で綺麗に弾きピンチを切り抜けたのだ。

全くボールは見ていないが、デローザンと並走しながら完璧にボールだけを捉えた神業。この信じられないプレーにSNS上のNBAファンは騒然とした。

ちなみにハーデンは今季1試合平均2.5スティールを記録しており、スティールでリーグトップ。彼はディフェンスが得意ではないことで有名なため驚かれているようだが、正確に言うと彼のディフェンススキルは相当なものだ。ただ、守備への意識が低いのだ。故にカットを見逃したり、棒立ちしていたりと、とてつもなくディフェンスが下手に見えてしまうのだ。(それがミスにはなっているのでそれが下手と言えば下手だが)そして近年その守備への意識が改善されてきていると言われている。ハーデン=ディフェンスがダメというイメージが定着している方は多いかもしれないが、これを機に今一度彼のディフェンスを再評価して欲しいものである。

▼ジェームズ・ハーデン (上手な)ディフェンスハイライト▼

【スポンサーリンク】

▼ジェームズ・ハーデン 2017-2018プレイオフ ディフェンスハイライト▼

 

今回彼が披露したノールックスラップは、ただ手を出したら当たっただけなのか、それともしっかりボールを叩き落とそうとしてその位置&タイミングを狙って手を出したのかは定かではないが、いずれにせよ現在スティールのリーグリーダーにもなっているように彼のディフェンスは侮れないという事だろう。


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

06231801

NBAドラフト2018で指名されたプレイヤー、全60人のハイライトをまとめました。

NBAドラフト2018で指名さ …