Home / NBA / 試合 / ロンゾボールが止まらない、チームハイの36得点11アシストで逆転勝利に貢献
07131701

ロンゾボールが止まらない、チームハイの36得点11アシストで逆転勝利に貢献

【スポンサーリンク】

先日いきなりのトリプルダブルを記録し話題を呼んだドラフト2位の逸材、ロンゾボールがまたしても驚愕のパフォーマンスを見せました。

本日ラスベガスで行われたサマーリーグプレイオフ一回戦の対シクサーズ戦で36得点、8リバウンド、11アシスト、5スティール、2ブロックの大活躍。103-102で勝利する原動力となりました。

▼サマーリーグ 対シクサーズ戦 フルハイライト▼

ロンゾは立ち上がりから的確にボールをシェアし第1Qのみで早くも6アシストを記録、2連続でバックコートからクズマのファストブレイクを演出するパスを放つシーンもあり会場は大盛り上がり、その後自らドライブを仕掛けディフェンスを収縮させながらキックアウト&そのままスコアとシクサーズを撹乱しました。

試合は終始リードを奪われる展開でしたが、第4Qのみで15点をあげ、更に残り21.2秒には見事な同点バスケットカウントを沈め続くフリースローで逆転に成功、その後再び逆転を許しますが最後はズバッツがフリースローを確実に2投決め1点差で逃げ切りました。

サマーリーグを通して不調なアウトサイドはまだ上向いて来ているとは言い切れないものの、そのゲームメイク力は既に折り紙つき、誰よりも早くコートの状況を把握し点が取れるスペースへとガンガンボールをシェアして行くスタイルはショータイムバスケットの歴史を持つレイカーズの司令塔として打ってつけの存在と言えるでしょう。

視野が広いだけではなく常に先を読んでおりいつでもボールをプッシュでき&タイミングを見逃さない、更にコースが無いと見るや否や自らのドライブでフリーを生む事が出来る理想的ポイントガード。ディフェンスでたまに集中力が切れているように見受けられるシーンはありますが、今自分がどこにいるべきか把握して、マークマンをギリギリまで空けずに瞬時にボールに飛びつきスティール&ブロックへと繋げるバスケIQの高さには脱帽です。

開幕戦で絶不調に陥り、その後トリプルダブル、本当の実力は如何に?と思ったファンは多かったでしょうが、今日のパフォーマンスで彼は本物だと皆が確信した事でしょう。

 

ちなみに今日のロンゾは、自身の父が立ち上げたブランド「Big Baller Brand」略してBBBの1stシグネチャーモデルであるZO2 Primeではなく、ナイキのKobe A.D.を着用。

試合後インタビューを受けたロンゾは、

「マンバメンタリティだね。ただ変えてみようと思っただけさ。Big Baller Brandのプレイヤーは何でも好きなシューズを履けるんだよ。それは素敵な事だと思うよ。」

とコメント。

 

 

そして今日の試合を見にアリーナを訪れていたレブロンは、ロンゾがナイキのバッシュを履いていることに目をつけ自身のインスタグラムで「Just.Do.It」とのコメントがついた画像をアップ。やはりナイキ契約者であるレブロンにとっては見逃せないでしょう。

 

 

NIKEがBig Baller Brandを買収するという噂も上がっているようですが、真相は定かではありません。

いずれにせよ彼の中にマンバメンタリティが宿っているのなら怖いものはないでしょう。

一戦一戦プレーの質を確実に向上させているロンゾ、次戦では果たしてどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか。


【スポンサーリンク】

- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

07141701

ロンゾボールがサマーリーグ2度目のトリプルダブルを達成

最近ロンゾボールファンブログに …