Home / NBA / 試合 / レブロンが史上最年少で27000点に到達、通算得点1位になるには40歳までプレーすれば可能
11121601

レブロンが史上最年少で27000点に到達、通算得点1位になるには40歳までプレーすれば可能

2016年11月12日
【スポンサーリンク】

本日のウィザーズ対キャブズにて、故郷クリーブランドでのニ連覇に燃えるレブロンジェームスが史上最年少での27000点に到達しました。

– 27000点に達する3ポイント –

 

先日の5日にアキームオラジュワンを通算得点で抜き歴代10位に浮上したレブロン、本日の試合では第1クォーターに3ポイントを沈め今までの最年少記録だったコービーの32年160日を更新し、31年と317日での27000点を達成。

最終的に27点(FG9/18)、10リバウンド、5アシストとオールラウンドな活躍で105-94での勝利に貢献し記録達成に花を添えました。

レブロンは高卒として18歳でNBAデビューを果たして以来大きな怪我もなく安定してハイスコアリングをキープして来ておりますが、こちらが現在までの得点に関するスタッツまとめです。

 

ルーキーイヤーを除けば一度も25点を下回ることなくキャリア平均でも27点を記録しているレブロン、ここで気になるのが通算得点1位のジャバーを追い抜く事は可能か否かという点。

ちなみに現在の得点ランキングはこのようになっています。

【スポンサーリンク】

1位 カリームアブドゥルジャバー(20シーズン) 38387点
2位 カールマローン(19シーズン) 36928点
3位 コービーブライアント(20シーズン) 33643点
4位 マイケルジョーダン(15シーズン) 32292点
5位 ウィルトチェンバレン(16シーズン) 31419点
6位 ダークノヴィツキー(19シーズン) 29527点
7位 シャキールオニール(19シーズン) 28596点
8位 モーゼスマローン(21シーズン) 27409点
9位 エルビンヘイズ(16シーズン) 27313点
10位 レブロンジェームス(14シーズン) 27020点

 

そして、先日ESPNでは非常に興味深いデータが算出されていました。

Can Lebron James reach No.1?

この特設ページではレブロンがドラフトされた2003年の6月26日からレブロンの得点の軌跡を追い、歴代選手を抜いてきた歴史が年表として分かるようになっています。

更に過去のデータから未来の推測もされており、それによるとレブロンが1位のジャバーを抜くには22年、つまり40歳までプレーすれば可能であるという結果となっているようです。

11121602

ちなみにジョーダンに追いつくには35歳の17シーズン目、コービーは36歳の18シーズン目とこの辺りまではかなり現実味がある数字ですが、36928点の2位マローンと38387点の1位ジャバーはより長くキャリアを送らないと到達が難しい感じはしますね。

史上最高のオールラウンダーとの呼び声高いレブロンですがスコアラーとしても超一流、果たしてどこまで記録を伸ばしてくれるのか、引き続き目が離せません。


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

10071801

グリズリーズの渡邊雄太が特大パフォーマンスを披露、初ダンクに劇的な同点3ポイントと注目の的に

今日、日本バスケの歴史が動いた …