Home / Dunk / ダンク技 / 360 Dubble Up – 白人ダンカーの進化
11211401

360 Dubble Up – 白人ダンカーの進化

2014年11月21日
【スポンサーリンク】

こんばんは、眠かったんですけど一瞬目が覚めました。

誰かやりそうと思ってましたが、360のDubble Up(ボール持って直立してる人を跳び越えながらボールキャッチしてそのまま股下通してダンク)をキレーに決めてる動画がHoopmixtapeのyoutubeチャンネルにあがってました。

「Jordan Kilganon 360 Eastbay OVER Person」

F**ckingの所にピー音入ってますが、これだけ興奮するのも理解出来るお見事な一発ですね。

youtube上のコメントで「これはすげぇ忍者キックだ」と書かれてましたが、確かに良い足の振りしてます、うん。

そしてこのジョーダンキルガノン、かなりの高難易度技として名高い720もとても簡単そうに決めています。

しかし2006年にAND1のAir Up Thereが初めて成功させた720ですが、それまで二回転なんて無理、幻のダンクと思われていたはずが、今では普通に成功者続出、人間の身体能力の進化とは末恐ろしいものですね。

↓二回転元祖、ダンク技の歴史が動いた瞬間

私が初めてこのAUTの720を見た時は本当に我が目を疑いました、ただ純粋にこれは可能だったのかと。

何て言うか案外みんな無理だと思ってるものって、誰かしらがやっちゃうと「出来るんだ」と人々の意識が変わり、実際出来てしまう人が続出したりする事ってありますよね。

その流れからすると今回の360の人越えもみんなやるようになってくる気がします、いやはや97年にNBAでダンクコンテストが一時廃止され、「何かもうダンク技はだいたい出きっちゃったよね、マンネリだよね」とか思われていたのが懐かしいです。

ちなみに見て分かる通りこの動画に出てるダンカーは白人ですが、白人は跳べねーと思われていた時代ももう遠い過去になってきてますよね。

96年に当時クリッパーズ所属の白人であったブレントバリーがレーンアップ(フリースローラインから踏み切るダンク、Dr.JがABAの1976年のダンクコンテストで初披露、その後80年代に入りジョーダンが十八番としてコンテストで見せるようになり伝説となった)を決めた時は、白人なのにスゲー感が溢れてましたが、今ではレーンアップを白人が決めても「白人なのに」感はほとんど無いでしょう。

ダンク技に関しても黒人特有の身体能力から生み出される高さ&滞空時間がないと無理ゲー、なんて事もなく、白人ダンカーもほとんどの高難易度の技を披露する時代になりました。
そしてその代表的なダンカーが、ポーランド出身のダンカー、リーペックです。

普通にTFBのメンバーと競い合ってコンテストで優勝したりしてます。

リーペックの2014年トップ10ダンク↓

こちらは先ほど載せたキルガノンとリーペックの”White Men Can’t Jump” Dunk Contest、んー確かに二人とも白人なので全然跳べてないですね(笑)

「Rafal Lipek & Jordan Kilganon At The “White Men Can’t Jump” Dunk Contest!」

こういうの見てますと、「アジア人だから跳べない」とか「日本人だから跳べない」という風潮も徐々に薄れていくんだろうなと思います。

日本人のダンカーもどんどんyoutubeに動画をあげる時代が来るのを期待したいものです。

動画だけ貼ってすぐ寝ようと思ったら、いつの間にか長くなってしまいました。

それでは。

 

– 本日の一曲 –

「ArtOfficial “Big City Bright Lights”」


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

11251601

ダンク王ザックラビーンがフリースローラインからの360°回転ダンクを成功

彼なら決めてもそうおかしくはな …