Home / NBA / 試合 / トンプソンが3ポイント9本を沈める大爆発、ウォリアーズが第6戦に勝利し逆王手
05271801

トンプソンが3ポイント9本を沈める大爆発、ウォリアーズが第6戦に勝利し逆王手

2018年05月27日
【スポンサーリンク】

これが王者の底力だ。

オラクルアリーナで行われたロケッツ対ウォリアーズの西カンファレンスファイナル第6戦は、後のないウォリアーズが後半に64-25のランで圧倒し115-86で大勝、見事ファイナル進出への望みを繋いだ。

▼第6戦 フルハイライト▼

 

前半は11/22の高確率で3ポイントを沈めたロケッツが61-51の二桁リードを奪う展開となったが、後半に入るとウォリアーズのバックコートコンビ、ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンのスプラッシュブラザーズが大爆発。次々に3ポイントを沈め後半を64-25とアウトスコア、崖っぷちの試合で一気に決着をつけた。

そして勝利の立役者となったのはこの人、クレイ・トンプソンだろう。3ポイントが9/14と大当たり、思い切りの良いシュートセレクションから幾度となくネットを揺らした。同じく追い込まれた2年前のカンファレンスファイナル、サンダーとの第6戦でも11本の3ポイントを決め窮地を救った事もありゲーム6のクレイと恐れられた。

▼第6戦の男 クレイトンプソン▼

▼2016カンファレンス決勝 第6戦のトンプソン▼

 

ウォリアーズは他、ステフィン・カリーが3ポイント5本を含む29得点、ケビン・デュラントが23得点を奪取。トンプソンと合わせると計87得点、三人のみでロケッツの総得点を上回ってしまった。

【スポンサーリンク】

更にドレイモンド・グリーンがプレイオフ史上初となる4得点・10リバウンド・9アシスト・4スティール・5ブロックを記録し勝利に大きく貢献。グリーンは第5戦の最後のポゼッションで痛恨のキャッチミスからターンオーバーを犯してしまったが、試合後に「俺を信じられない奴は馬鹿野郎だ、俺たちは必ずここ(トヨタセンター)に戻って来る。」と発言。変わらぬ自信を覗かせていたが見事有言実行して見せた。

▼グリーン ハイライト▼

 

対するロケッツはエースのジェームズ・ハーデンがチームハイの32得点・7リバウンド・9アシストと奮闘したが、勢いに乗るウォリアーズにブレーキをかけるには至らなかった。またロケッツはターンオーバーがウォリアーズの12に対し21を記録、ファストブレイクからの得点を許し自らチャンスを潰していく展開となってしまったが、やはり第6戦で右ハムストリングを負傷したクリス・ポールが欠場となったことにより勝負所でのゲームメイクに難があったのは厳しい状況だった。

▼ハーデン ハイライト▼

クリス・ポールは第7戦も出場が難しいと伝えられているが、ハーデンのゲームメイクでの負担が増えるだけにサポーティングキャストのスコアリングが必須とはなる事は間違いない。ホームの力を背にいかに高確率で3ポイントを沈められるかが鍵となるだろう。そして本日15リバウンドをあげたものの得点がわずか2点に終わったクリント・カペラ、彼がインサイドでのミスマッチをつき確実に2点を重ねていく事も必須となる。

 

ウォリアーズが3-3のタイに持ち込んだことにより、東西共にカンファレンスファイナルが第7戦に突入という激熱な展開となったNBA。ちなみにこれが起こるのは1979年以来の事だそうだ、そしてその時は両カンファレンス共にホームチームが勝っている。

東の決勝は明日、そして西の決勝は明後日と連日行われる。もしウォリアーズとキャブズが勝てば4年連続の同カードとなるが、果たしてロケッツとセルティックスがそれを阻止する事が出来るか、注目だ。


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

10071801

グリズリーズの渡邊雄太が特大パフォーマンスを披露、初ダンクに劇的な同点3ポイントと注目の的に

今日、日本バスケの歴史が動いた …