Home / NBA / ニュース / 17年に渡りスパーズを支えたトニー・パーカーがホーネッツに移籍
07071801

17年に渡りスパーズを支えたトニー・パーカーがホーネッツに移籍

2018年07月07日
【スポンサーリンク】

スパーズの象徴がまた一人チームを去った。

デビューからキャリア17年をスパーズで過ごしたトニー・パーカーがシャーロット・ホーネッツと2年1000万ドルで契約に合意、スパーズファンにとっては衝撃の移籍報道となった。

パーカーは大腿四頭筋の怪我から復帰となった昨シーズン、出場した55試合中21試合でスターターを務め、平均19.5分の出場で7.7得点・3.5アシストを記録。シーズン途中で若手のデジャンテ・マレーにスターターポイントガードの座を譲った後はバックアップPGとしてチームに貢献、プレータイム含めほぼ全てのスタッツでキャリアワーストとなっていたが今でも要所での活躍が見込めるベテランである事には変わりない。

スパーズで過ごしたキャリア17年では6度オールスターに選出され、平均15.8得点・5.7アシストの活躍でNBAタイトルを4度獲得、2007年にはファイナルMVPにも輝いたスパーズの柱であった。グレッグ・ポポビッチ監督と共にあげたプレイオフ通算137勝は選手と監督のペアとして史上2位の勝利数、ちなみに1位はポポビッチ&ティム・ダンカンの157勝だ。

輝かしいキャリアを共に過ごしたポポビッチ監督は、そんなパーカーの移籍について寂しさはあるもののシャーロットでの活躍を祈るコメントを発していた。

「この約20年においてトニーパーカーがスパーズにとってどれ程重要だったかは言葉にするのが難しい。まだ19歳だった2001年の初試合から、TP(パーカー)は毎日、毎試合、毎シーズン、彼の情熱と献身、そして願望で私たちを驚かせ鼓舞して来てくれた。私たちは17年の素晴らしい思い出を築いてくれたトニーに感謝している。6度のオールスター出場、4度のオールNBA選出は彼のキャリアを輝かせた、そして私にとって最高の楽しみは目の前でTPが成長していく様を見届ける喜びを味わえる事だった。私たちスパーズの組織全員がトニーがいない事を寂しく思うだろう、そして彼と彼の家族がシャーロットで素晴らしいキャリアを送るよう最善を願っている。」

そして新たなスタートに踏み切ったパーカー自身も最愛のコーチ、フランチャイズとの別れを惜しんでいた。

【スポンサーリンク】

「タフな決断だった。タフな三日間だった。ポップにそれらを全て伝えるのも辛かった。しかし自分は次に進まなければならない。ポップとの会話はとても感情的なものだった。自分はこれからも常にサンアントニオを愛する、僕はこれからもずっとスパーだ。」

スパーズから再契約を提案されたとは伝えられているものの、新天地シャーロットへの移籍を決断したパーカー。彼にとっては新たなスタートとなるが、ホーネッツには新コーチに昨季までの3シーズン、スパーズでアシスタントコーチを務めていたジェームズ・ボレーゴが就任し、更にニコラ・バトゥームはフランス代表のチームメイトであるためパーカーにとっては全くの新チームという感覚は薄く、すぐに馴染める環境が整っていると見られている。

ホーネッツでは今季契約最終年を迎えるオールスターガード、ケンバ・ウォーカーのバックアップとしてプレーする事になるが、強豪スパーズで培った経験を持つベテランの加入はチームに更なる厚みをもたらす事だろう。得点力のあるケンバとの2ガード構成も面白いかもしれない。

ちなみにパーカーは、スパーズでの17シーズンでフランチャイズ通算アシスト数1位、出場試合数2位、出場時間2位、フィールドゴール成功数3位、得点4位、スティール5位、フリースロー5位の記録を保持している。それらに加え4度NBAチャンピオンに輝き、ファイナルMVPも一度受賞している事を考えると永久欠番はほぼ間違いなしと言えるだろう。

未だにパーカーがサンアントニオを去った実感はないファンが多いかもしれないが、彼が移籍してもスパーズに残した功績、そしてファンの脳裏に強く焼きついたそのプレーは決して消えることはない。スパーズのユニフォームを着て17年間に渡り素晴らしい活躍を見せてくれた事に感謝すると同時に、新天地での活躍を大いに期待したい。


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

07151801

王者となるべく自分の役割を全うする姿勢を見せるロンド、スターターにこだわりなし

新たにレイカーズへ移籍となった …