Home / NBA / youtube / 後ろ向きフリースローを決めるレブロン
07171501

後ろ向きフリースローを決めるレブロン

2015年07月17日
【スポンサーリンク】

ハーフコートショットやフルコートショットなどトリックショットが好きな事でも知られるレブロンですが、そんなレブロンが新たなトリックショットを披露してくれました。

案外みんなやった事はあるかもしれませんが、フリースローラインに対して後ろ向きに立ち普通のフォームで後ろへ放つというもの。

フォームを極力崩さずキレイに後ろに飛ばしているのでなかなかクオリティが高いですね(笑)

ちなみに私はレブロンのトリックショットでは、こちらのムーブが好みです。

HORSEで使えそうなショットですよね。

そして、案外こういったトリックショットは数打ちゃ当たる系だとは思うのですが、数打っても当たらない系ですと思ったショットはマジック時代にカーターが放ったこちら。

何気にカーターって普通の選手ならフォーム崩さないと届かない距離でもジャンプシュートで打ったり上半身の筋力がハンパないです。

そういえば、遠い距離からのシュートで思い出しましたけど、試合中ハーフコートから放たれたジャンプシュートで一番美しいと思ったのはネッツ時代にマーブリーが決めたこちらのブザービーター。

【スポンサーリンク】

何かハーフコートショットって決まってもフォームが乱れていたり、ぶん投げだったり美しさを感じないものが多いんですが、このマーブリーのショットはリアルタイムで見た時フォームが全く乱れずしかもジャンプシュートでスウィッシュとひたすら感動したのを覚えています。

マーブリーはダンカーとしても何気にレベル高くて、本数は少ないものの稀に迫力ある一発を決めてくれていました。

ウィンドミル

リバースアリウープ

結局ダンクの話に結びつけちゃったついでにトランポリン使ったトリックダンク動画貼って今日はお別れです。


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

05201802

ステフィンカリーが練習で圧巻のシューティングを披露

現在ロケッツとカンファレンスフ …

  • Kenta

    ドモ^ ^レブロンからのマーブリー‼︎
    豊作の96年ドラフトで好きな選手のひとりです(≧∇≦)
    1番はアントワンウォーカーが好きで…
    中国から是非日本のリーグに来て欲しいですね〜
    ではまた覗きに来ます^ ^

    • carter2

      ケンタさんドモです〜♪
      96年ドラフト組は私がNBAファンルーキーだった時に共にデビューした感じなので自分も思い入れが深いです。
      アントワンウォーカー、懐かしい!初期はオールスターにも出てましたよね。
      マーブリーはもう少しNBAでのキャリアを見ていたかったですが、中国で今でもバスケに携わっているのは素直に嬉しいです。
      まだ北京ダックスと契約が残っているようなので年齢も考慮した感じ中国でキャリアを終えそうですが、最後に日本来たら熱いですね、生ーブリーを観戦しに行きます(笑)