Home / NBA / ニュース / フィズデイルを新ヘッドコーチに迎えたニックスがレブロンの獲得に興味を示す
05051801

フィズデイルを新ヘッドコーチに迎えたニックスがレブロンの獲得に興味を示す

2018年05月05日
【スポンサーリンク】

NBA屈指の人気チームであるニューヨーク・ニックスがレブロンの獲得を目論んでいるようだ。

ニックスは先日今季開幕間も無くしてグリズリーズから解雇されていたデビッド・フィズデイルと4年のヘッドコーチ契約を結んだと報じられたが、ニューヨークポストのマークバーマン氏によるとニックスはこの夏にレブロン獲得のプランを立てているとの事。

フィズデイルは2008-2016までマイアミヒートでアシスタントコーチを務めており、2010から2014までヒートに在籍していたレブロンとは親しい仲、それがニックスがフィズデイルと契約した理由の一つであるという可能性も囁かれている。

フィズデイルは2016-2017シーズンからグリズリーズの指揮をとり初年は43勝39敗の成績を収めたが、今季は主力のマイク・コンリーの離脱もあり開幕から勝ち星が伸びず、開幕からわずか1ヶ月半で解雇されていた。

その際レブロンは、納得が行かない旨をツイッターを通して訴えていた。

「誰か説明をしてくれよ。彼は他人の罪を被っているみたいに感じるな。」

 

レブロンは今夏にFAとなるが、バーマン氏曰く彼がチームを去る決断をした場合に備えニックスはそのためのキャップスペースを用意するだろうとの事。その場合2018-2019シーズンの契約でプレイヤーオプションを保持するエネス・カンターとカイル・オクインがオプトアウトする必要があり、更にコートニーリーも放出せざるを得なくなると見られている。

レブロンは今夏の動向についてコメントを避けており、ニックスへの移籍話に現実味があるのかは謎だが、自身を”King of New York”と語っているだけあってニューヨークという大都市に少なからず興味があるのは確かだろう。

11月のゲームで👑 of NYとコメント付きで画像をインスタグラムに投稿したレブロン。

【スポンサーリンク】

 

You’re welcome.. 👑of NY #myfavoriteplayground #striveforgreatness🚀

LeBron Jamesさん(@kingjames)がシェアした投稿 –

 

そしてこの投稿を受けてニューヨークでは先月一つのバナーが掲げられていた。

 

#Repost @nbaonespn ・・・ That’s one way to get LeBron’s attention. @kingjames #kingjamesnyc18

Major Market Mediaさん(@nycadsco)がシェアした投稿 –

「ニューヨークの王様?なら、証明してみせろ。」

と、レブロンのニックス移籍を促すもの。これはニックス公式からではなくニューヨークのマーケティング会社が行なったものだが、ニックスも同じ思いだろう。

 

レブロンはニックス他、レイカーズ、シクサーズ、ロケッツ辺りが移籍先候補として挙げられているが果たしてどこに行き着く事になるのか。キャブズ残留との声も少なくないが、いずれにせよこの夏はレブロンの一挙手一投足に注目が集まりそうだ。

参考記事 : Bleacher Report


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

11141801

「カーメロは引退するべきだ」ロケッツを去る事が濃厚なカーメロ・アンソニーに殿堂入りプレイヤーのトレイシー・マグレディが助言

2000年代を代表するNBAの …