Home / NBA / 試合 / NBAファン騒然、レブロンジェームズが信じられないスーパープレイを披露
03021801

NBAファン騒然、レブロンジェームズが信じられないスーパープレイを披露

2018年03月02日
【スポンサーリンク】

本日行われたキャブズ対シクサーズ戦でレブロンジェームズがとんでもない仰天プレーを見せてくれた。

レブロンは第1クォーターの残り8分を切った所でトリスタントンプソンのスクリーンを使いコビントンとエンビードのディフェンス二人をスプリットしたのだが、なんとその際に背面からスクリナーのトンプソンの股下にボールを通してドライブ、そこからファールを受けながら左手で見事なAND1を決めた。

言葉で説明をした所で理解が難しいと思われるのでとりあえず動画を見て頂こう、奇跡としか思えない驚愕プレーだ。

こちらはその一連の流れ、フィニッシュもレブロンのフィジカル&体幹の強さが現れた見事なバスケットカウントとなった。

有り得ない抜かれ方をした瞬間のエンビードの表情が全てを物語っている。

 

このスーパープレーは大いに話題を呼び、レブロンは試合後に意図的に行ったのかと質問を受けていた。

【スポンサーリンク】

「とにかく背面を通して抜こうと思ったんだけど、股下を狙った訳ではなかった。まぁ最高のアリウープは最悪のパスから生まれるとも言うしね。ハーフタイムにビデオを見せられるまで(トンプソンの股下を通っていた事に)気づかなかったよ。おそらくこれはキャリアの中でも最高のプレーの一つじゃないかな。」

これを狙ってやっているとしたら天才どころではない、でもあのレブロンならもしかしたらと大騒ぎになったが、実際は偶然だったようだ。しかし、あの瞬間に背面を通して抜こうとする技術はやはり素晴らしい事に変わりはないだろう。その後のフィニッシュもシモンズ&サリッチの二人とコンタクトしながら左手でコントロールする見事なショットだった。

 

今回驚愕のナツメグ(股通しプレー)を見せたわけだが、レブロンは1月の対マジック戦でも信じられない股抜きを見せていた。

ルーズボールを拾った直後、受け手のウェイドとの間に立つマジックのアーロンゴードンに背を向けたまま、彼の股下をノールックで通しながらアシスト。

パスを受けたウェイドの驚いた表情、そしてスコア後の笑顔がこのプレーの凄さを象徴している。

ESPNのツイッターでは本日のプレーとどちらのナツメグが凄いかという動画が投稿されていた。

ツイート文にもある通り、一度ならず二度までもこのようなスーパープレイを見せるとはやはりレブロンは只者ではない。どちらも偶然の産物と言われてはいるが、同様の仰天プレーをドリブルでもアシストでも披露出来るプレイヤーが一体どれだけいるだろうか。改めて史上最高のオールラウンダーと言われるキングジェームズのスゴさを思い知らされた衝撃のプレーだった。


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

11111801

マイケル・ジョーダンを彷彿させるシカゴ・ブルズのザック・ラビーン、キャブズ戦で空中ショーを開演

シカゴ・ブルズのホーム、ユナイ …