Home / NBA / コラム / デアンドレジョーダンのフリースロー改善策と利き手
07061501

デアンドレジョーダンのフリースロー改善策と利き手

2015年07月06日
【スポンサーリンク】

先日マブスへの移籍が決まったジョーダンですが、どこに行こうが常につきまとうであろう彼のフリースローの確率。

かつてあまりにも圧倒的な支配力を誇りすぎたシャックを止めるためわざとファールをし、あえて苦手なフリースローを打たせるという”ハックアシャック”作戦が2000年前期に流行りましたが、現在のNBAでその伝統?を受け継いだのがこのジョーダン。(とハワード。)

マブスでも恐らくフリースローの確率の改善が最優先となるかと思うのですが、それにしても一体ジョーダンのフリースローの何が悪いのか。

その問題に迫った動画がこちらです。

簡単にまとめますと、

まず足の位置、両足がフリースローライン上に揃っていては安定しない、左手で打つなら左足が前にくるべき。

ジョーダンが初めて3を決めた時は、足の位置がしっかり左足が前になっており、理想的なフォームだった。

そして、フォロースルーの角度が高すぎる、あまりにも上に向きすぎるとコントロールが難しくなるし、ボールもショートになりやすい。

とりあえずKD師匠に弟子入りしろ。

との事です、うーむ、言われてみれば納得です。

とりあえずその辺りを意識して練習すれば多少なりとも改善はされるかもしれませんね、、、

 

で、

私的にここからが本題なんですが、個人的にずっと気になっている事があるんです。

多分同じ事考えている方は結構いると思うんですけど、ジョーダンって左手が利き手のはずですよね。

繊細なボールタッチが要求されるセットシュートが左手だからそう考えるのが自然だと思いますよね。

でも、ダンクはほとんど全て右手なんですよね、もしくは両手。

 

いや、ダンクはとりあえずボールがホールド出来て叩き込めればいいので、利き手じゃなくてもセットシュート程苦労はしないかもしれないんですが、それにしてもいかんせん右手が多すぎると思うんですよ。

しかも、フックシュートも何気に右手なんですよね。

ちなみに投擲も右らしいのです。

だがしかし、

【スポンサーリンク】

セットシュートは左手。

ほう、ほほぅ。

そりゃフリースローのタッチが安定しないんじゃないでしょうかと考えても私の頭は腐ったみかんではないですよね。

シュートフォーム自体かなり汚いというわけではないのですが、一番繊細なタッチを必要とするセットシュートだけ使う手が異なるというのはあまり好ましくはない気がします、いや入ってればいいんですけどね、入ってれば。

じゃぁ利き手が右手でフリースローも右手で打ってるドワイトさんは?えーと、多分シャックと同じでバスケボールに対し手がでかすぎるんでしょう、と全力のフォローをしておきます。

 

ちなみに左利きだけど、ダンクは右手の選手と言えばデビッドリー。

彼は成長期に利き手だった左手を怪我してしまい、丁度ダンクが出来るようになった頃は右手を使っていたため、ダンクに関しては右手が得意となったようです、これは非常に納得がいきますよね。

過去記事で書きましたが、デビッドリーは高校生時代あのジェームズホワイトに右手ダンクで勝利し王者に輝いています。

13-14リーダンクハイライト

リーはFTはもちろん利き手の左手で、キャリア平均75%ですからまぁ悪くはない確率です。
しかしジョーダンはなぜこうなったのか、それは本人のみぞ知るといった感じかもしれませんが、今更FTも右にした方がという問題でもありませんし、要は練習しましょうって所に落ち着くんでしょうが、私的にすごく気になったという話でした。

ついでに若干のトリビアですが、ボストンのレジェンドラリーバードはレブロンやルビオ同様球技は右ですが、それ以外の利き手は左手で、ある試合で自分へのチャレンジも兼ねてジャンパー以外は全て左手でシュートを打つ事を試みた事があります、結果バードは47点中20点を左手であげました。

Larry Bird 47 pts vs. Portland (Left handed game)

身体能力に頼らず(頼れず)スーパースターになっただけあって、こういったスキルの熟練度に関してはハンパないです。

最後にダンクネタにも少し触れておきますと、ダンクにおいて左手も右手もそつなくこなせるダンカーと言えば現ウィザーズのジョンウォールですね。彼はダンクにおいて両利きと言って良いぐらいフレキシブルに決めてくれます、正にダンクにおける両手使いの天才ですね。(ダンクにおけるステップの天才はこちら。

ジョンウォールTOP10ダンク

 

と、いうわけで来シーズンはクリッパーズにハックアジョーダンされまくりながらもどや顔でフリースローを沈めまくるジョーダンに期待したいと思います、それでは。


【スポンサーリンク】


- ブログランキングに参加しています、記事に価値を感じましたら下のバナーを応援クリックお願いいたします。 -

 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


About cata.

cata.
96-97シーズンよりNBAを見始め、それがきっかけで中学からバスケを始める。高校ではNBAファンサイトの運営に夢中になり青春を台無しにする。大学から渡米し7年滞在後に帰国。三度の飯より四度の飯が好きってぐらいダンクを愛するB型アラサー。

Check Also

01011601

レイカーズ史上最も偉大な選手の一人であるカリームアブドゥルジャバーがコービーへ贈る言葉

6度のチャンピオン、6度のMV …

  • Kenta

    ドモ^ ^FAも落ち着いてきましたね。おそらくリンからのジョーダン、もしくはフェルトン(笑)からのジョーダンのダンク…フリースローとともに来シーズンも楽しみですね(^-^)ではまた覗きにきます☆

    • carter2

      ケンタさんこんばんは!!
      FAはスパーズが話題かっさらっちゃった感ですが、来シーズンウォーリアーズとどんな試合をしてくれるか、マブスジョーダン含め楽しみですね♪
      キャブスもモーさんがカムバックしてバックコートの補強も出来かなり期待出来そうです。
      いつでもチラ見大歓迎です、毎度ありがとうございます。